« 気まぐれアトリエ日記(1104)・・・表現 | トップページ | 気まぐれアトリエ日記(1106)・・・発見する目 »

2019年7月20日 (土)

気まぐれアトリエ日記(1105)・・・ムンクいわれそう

Img_3503 都田スケッチ教室は、いつ雨が降り出してもおかしくない空模様だった。もし降り出したら都田駅の待合室で雨宿りすればいいから、その周辺で描こうと出掛けた。私もみんなが描き始めたのを確認して15分くらいで1枚スケッチした。

駅舎から見た駅前の雨模様の家並みをスケッチブックを横倒しにして水彩絵の具でシミを置き、生乾きの状態でコンテの線を入れてみた。ちょっと不気味な絵になった。

FBに「都市伝説が生まれそうな家になった」とアップしたらKさんからコメントが。「ムンクの〈さけび〉みたいです」私「ムンクにムンクいわれそう」駅舎からは他に見えるものがないから家並みを描いたがモチーフはたいした問題ではない。絵は作者がどう描こうとしているかが見える。

三々五々スケッチしている生徒たちをアドバイスしながら見て歩いていると、アトリエで指導する時と少し違うことが起きる。マンツーマンになるので本音が出るのだ。

「私、悩んでいることがあって思うように描けないことも多いんですよ。絵に気持ちが向いていない時もあるけど、絵がないともっと辛いかも知れない」と少し笑いながら云った。

私は「だからみんな絵を描くんだよな。何も思い煩うこともなく、絵だけ描いていられたらと思うけど、もしそうだったら多分表面的で味わいに欠けるものになると思うよ。ゴッホの絵をみると思うようにならない自分を曝して表現している気がする。

立派な芸術を見せてやろうなどという余裕はない。それじゃ誰も見向きもしない。弱かったり、苦しかったり、傷ついたり、狂おしかったりする人生と向き合ってゴッホはひとり足掻いている。

ゴッホの絵をみると私と同じ人がここにいると感じるからこそ共感するんだよ。ほとんどの人は弱くて傷つきやすく、ゆるぎなく自立した人なんかじゃないから、あるがまま等身大の自分をそのままモチーフに投影し表現してみることだね。

上手に描けばいいというもんじゃない。自分にしかない音色を響かせることだよ。なにがあるのかは知らないけど、今ある試練だってプラスに考えれば人生の手応え、味わいになるはずだよ」

話だけをして、その場を離れようとしたら「なんだか元気が出た」と云って笑った。

« 気まぐれアトリエ日記(1104)・・・表現 | トップページ | 気まぐれアトリエ日記(1106)・・・発見する目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事